気になる銀歯のお悩みはセラミックで解決できます

「以前、虫歯を治療したときに入れた銀歯が目立って、口を開けるとき気になる……」こんなお悩みがある方は、審美歯科で解決できます。銀歯をセラミックの白い素材にかえて、より自然な見た目に仕上げます。あなたも、人前で思いっきり笑えるようになりませんか?

セラミックと銀歯の違い

  セラミック 銀歯
外観
審美性 白さや透明感をまわりの歯に合わせることができます。自然で美しい見た目になります。 目立ってしまい、見た目の美しさ(審美性)に欠けます。
耐久性 変色や摩耗がほとんどありません。メンテナンス次第で長く使えます。 劣化したり、歯との間に隙間ができたりするので、数年に一度は取り替える必要があります。
まわりの歯への影響 天然歯とほぼ同じ硬さなので、噛み合う歯を傷つけません。 天然歯より硬いため、噛み合う歯を傷つけたり、摩耗させたりすることがあります。
身体への影響 金属アレルギーの心配がありません。 金属アレルギーの原因となることがあります。

銀歯は金属アレルギーの原因になることもあります

従来、虫歯治療に当たり前のように使われてきた銀歯ですが、見た目が美しくないだけでなく、金属アレルギーを引き起こす原因となることが近年わかってきました。ネックレスやピアスなどの金属が直接触れている肌に発症することで知られている金属アレルギーですが、お口の中の金属が唾液によって溶け出し体内に吸収されて全身にアレルギーを引き起こすことがあるようです。

原因不明の肌荒れ、かゆみ、かぶれといったトラブルがある場合、銀歯が原因になっているかもしれません。気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

~詰め物被せ物は歯科技工士が作ります~

歯科技工士とは、歯科治療に必要な入れ歯、詰め物・かぶせ物などを作製・加工する国家資格を持った医療専門技術者のことです。鎌田歯科医院では歯科技工室を併設しており、常に歯科技工士がスタンバイしています。また、技工物を製作する歯科技工士が、直接患者様の歯の色や形を確認しますので、クオリティの高いものをご提供することが可能です。

取り扱いメニュー

当院で扱っている素材は、どれも白くより自然な仕上がりが期待できます。また金属を使用していないため、金属アレルギーの心配もありません。

オールセラミック
詰め物・被せ物に使われます。天然歯のような自然な白さと透明感が再現でき、耐久性にも優れています。
審美性
耐久性
ハイブリッドセラミック
セラミックと歯科用プラスチックの混合素材で、詰め物・被せ物に使われます。審美性はオールセラミックよりやや劣りますが、硬すぎないので噛み合う歯を傷つけません。
審美性
耐久性
ファイバーコア
グラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)で作られたコア(土台)です。天然歯に近い強度や柔軟性があるので、従来の金属製のコアに比べ歯根を傷つけにくいうえ、光の透過性があり、被せ物の透明感を維持できます。
審美性
耐久性
ラミネートベニア
前歯の表面を薄く削り、セラミックの板を貼り付ける治療法です。施術可能なのは前歯のみですが、軽度の歯並びの乱れ(すきっ歯など)や噛み合わせを整えることができます。
審美性
耐久性

料金紹介

料金表をクリックするとPDFが立ち上がり印刷することができます。

症例紹介

※画像をクリックすると拡大します。

歯の黄ばみが気になるという方はこちらをご覧ください